採用サイト
ご入居に関する
お問い合わせ(本社)
0120-15-1473
お問い合わせ・
資料請求

文字の大きさ

ライクケア人物伝

フェリエ ドゥ稲田堤施設長

阿部 孝之

阿部施設長が社会に出た頃は、時折しも就職氷河期。ブランド意識が強かったことも相まって、面接しても軒並み撃沈。訪問介護で長年働いていた母親の薦めもあり、特養の介護職に就きます。何の目的意識も無く就職したのですが、次第にこの仕事が面白くなってきたのでした。入居者様に罵倒され平手打ちされても、やがて心が通じて「ありがとう」と言われた時に、今まで味わったことのない達成感を知ったのです。 現場業務に励みながら介護福祉士、ケアマネージャー、柔道整復師の資格を取得。介護の仕事は天職と感じていた時に、ライクケアに転職します。ルールでがんじがらめに固めるのではなく、個性を重んずる社風にマッチして、いよいよ実力を発揮するのです。千差万別の価値観を持たれるご家族と着地点を共に模索すること。そして人生の最期のパートナーとして寄り添う存在であることが、仕事の枠を超えて阿部施設長を熱くさせます。病院から入居される方も多いのですが、医療従事者から言われたことにご家族様が縛られてしまうことが往々にしてあります。そのことに阿部施設長は疑問を呈します。「たとえば禁酒とか、経管栄養とか、本当にその選択が本人様のこれからにベストなのか。それを考え対応するのが本当のお客様第一主義ではないのでしょうか」更に、柔軟に受け入れしてきたことでも阿部施設長は高い評価を受けています。以前人工呼吸器装着の方が入居検討された際に、看護師からの猛反発を受けたことがありました。そのような時はいつもスタッフと膝突き合わせて思いを伝えるのです。結果としてホームの実績や実力の向上につながったのでした。

時間ができるとランニングをする阿部施設長。「走ると、汗と共に雑念が吹き出ます。心のデトックスになるようですね」走りながら無我になり、思い至ることは、「お客様が諦めかけている願いをどれだけ具現できるか。そのためにはカメレオンのように自分を変えていかないと」究極のテーマを見据えながら、阿部施設長はひた走りに走るのでした。

(蟹江記)

その他の人物伝をみる

もっと見る

閉じる

©2017 LIKE Care, Inc.

採用サイト お問い合わせ

資料請求